高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


犬の胃腺癌

高橋ペットクリニック内視鏡ケースより

わんちゃんの胃腺癌という病気

内視鏡検査において確定診断が得られます。

10歳齢 M.シュナウザー 
慢性的な間欠的嘔吐と体重減少、食欲の減退を示していました。

内視鏡検査所見
1_20160122211230bc6.jpg

2_20160122211231510.jpg

胃の壁が重度に肥厚し粘膜は荒れています。出血も見られます。
内視鏡下における生検によって胃腺癌と診断されました。

エコー検査ではこのような胃壁の肥厚が見られ、また胃壁の壁層構造が消失しております。
0003.jpg

CT検査での同様に胃壁の重度肥厚が観察されます(緑矢印)。
002_2016012221251833d.jpg

胃腺癌はとてつもなく恐ろしい病気で、絶望的な場合がほとんどです。

外科的切除は適応にならないことがほとんどです。(胃の病変の広がりや転移があるケースが多いので)
かといって、有効な抗がん剤も知られていません。


本ケースも検査後1週間で亡くなっています。
動物において、人のように人間ドックで内視鏡検査まではしていませんので、早期発見は難しいのでしょうね。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 小動物臨床講習会に参加と院長不在のお知らせ  TopPage  ジャーキーの食道閉塞 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/953-9ad06eb6




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad