FC2ブログ

高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


ジャーキーの食道閉塞

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

チワワ 2歳齢

5日前より吐出で食道内異物と診断され来院。

0001.jpg

食道後部にレントゲン不透過性の異物が確認され、造影剤の流れも異常を示していました。

緊急的に内視鏡検査
03_20160117185318f0b.jpg

食道内にジャーキーが見つかりました。

02_201601171853167d4.jpg

鰐口型把持鉗子で除去。一部ちぎれてしまってポリペクトミースネアを用いて除去。

04_20160117185319ef1.jpg

除去後の食道損傷は5日間閉塞していた割には軽度ですみました。

01_20160117185313f12.jpg

除去したジャーキーです。

DSC08844_2.jpg

プライバシー保護のため目にはモザイクをかけています。

食道内異物は閉塞時間が長いほど、合併症が発生します(食道穿孔や食道狭窄など)。
5日間の閉塞はかなりリスクが高いながらの処置になります。
今回は無事に処置ができ、食道の損傷も比較的軽度であったのは非常にラッキーであったと思います。

小型のわんちゃんへのジャーキーを与える際にはこのような危険性があるため注意しましょう!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 犬の胃腺癌  TopPage  診察室の待ち時間表示が変わっています!! >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/952-d32a4e4c




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.