高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


ジョイントマットの一部誤飲で腸閉塞

高橋ペットクリニック 外科ケースより

頑固な嘔吐と食欲不振の猫

腹部超音波検査において胃内に大量の液体が貯留していました。
HIBARU-_AH_20141121_Animal-_ABDM-_S_0001.jpg

また小腸内に音響陰影を伴う表面角張った高エコー所見が確認され小腸内異物を疑いました(矢印)。

HIBARU-_AH_20141121_Animal-_ABDM-_S_0007.jpg

静脈内点滴を実施後、開腹手術。
↓クリックすると写真は大きくなりますが血がダメな方はクリックしないでください!!
DSC05504_2.jpg

矢印の部分に異物が小腸に詰まっていました。

↓クリックすると写真は大きくなりますが血がダメな方はクリックしないでください!!
DSC05504_2.jpg


↓クリックすると写真は大きくなりますが血がダメな方はクリックしないでください!!
DSC05509_2.jpg

詰まっているものを取り出すと、スポンジ様のものが出てきました。

DSC05519_2.jpg

飼い主に聞いてみると、赤ちゃんや幼児のための弾力性のジョイントマットの一部でした。
猫では比較的小さな異物での小腸閉塞を引き起こします。ご注意を!!


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 福岡地区部会講習会に参加  TopPage  第35回動物臨床医学会年次大会に参加 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/896-5ee69fee




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad