高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


猫のフィラリア症

全身の浮腫(むくみ)と胸水(胸に水がたまっている)、心嚢水貯留(心臓の周りに液体がたまる)のちゃんが心エコー検査にてフィラリア虫体が心臓内に確認されました(矢印:二重線に見えるのがフィラリア虫体です)。
またフィラリア症の検査キット(抗原検査)でも陽性でした。
猫フィラリア
猫フィラリア検査

診断名はフィラリア感染症です。

猫にフィラリア症?なじみがありませんが、実は感染します。ある調査によると九州は全国でも一番の抗体陽性率が高く27.3%に感染があったと報告されています。

予防はあまりすすめていませんでしたが、この子を見ると予防すべきと思った次第です。
みなさんはどう思います?

<< 崎山アンディー  TopPage  血液凝固分析装置 >>

コメント

猫フィラリア

はじめまして。
この猫ちゃんですが、その後、どのような状態になったのでしょうか?
随分前の記事へのコメントで大変恐縮ですが、差し支えない範囲で教えていただけると幸いです。
(うちの猫もフィラリアに感染していまして、ネット上でもほとんど情報がないので…)

2009.08.04   らむ   編集

らむさん

この猫ちゃんは心嚢水を一回穿刺して抜去して、フロセミドという利尿剤とピモペンダンという強心剤を投与することによって臨床症状が改善しました。
16歳だったので積極的なフィラリア摘出は行いませんでした。
年が明けた頃だったので3ヵ月後に突然死してしまいました。
自分もあまり経験がないのではっきり言えませんが、猫のフィラリア症はこのような突然死があるようです。
なかなか難しい病気だと認識しております。

2009.08.04   高橋雅弘   編集

大変お忙しい中、お返事ありがとうございます。

この猫ちゃんは突然死してしまったのですね。
うちの猫も積極的な治療は行わず予防薬のみで様子を見ているのですが、こういうことも覚悟しておかないといけないですね。
治療法がないというところが、大変残念です。
今は症状が出ずに比較的元気に過ごしているので、この状態が1日でも長く続くよう願っています。

ありがとうございました。

2009.08.04   らむ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/85-7e62e509




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad