高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


胃と小腸内に異物が見られた症例

高橋ペットクリニック外科ケースより

10ヵ月齢 キャバリア 
嘔吐と食欲不振で来院。

腹部超音波検査で小腸内に異物が確認されました。
5216_20130903_Animal-_SM-_2_0002.jpg

これで確定診断と思いきや、なんと胃の中にも異物を疑う所見が・・・

5216_20130903_Animal-_ABDM-_S_0001.jpg

胃内異物は内視鏡下で除去
1_20130913010428d32.jpg

そして小腸内異物は外科的に切除

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
DSC00749.jpg

実は小腸内に2カ所詰まっていました。

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
DSC00752.jpg

異物は紐が巻いてあるボールでつながっていました。

DSC00756.jpg
左が胃の中の異物、右が小腸内の異物です。

異物は一カ所とは限らない!!危ないです!!

とにかく異物の誤飲には注意をしましょう!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 九州画像診断研究会に参加  TopPage  福岡県 小動物臨床講習会に参加 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/801-d7e064e2




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad