高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


子宮蓄膿症 穿孔 腹膜炎

高橋ペットクリニック外科ケースより

このブログでも幾度か紹介した病気
子宮蓄膿症

比較的高齢の避妊手術をしていない女の子で起こる病気です。
卵巣からのホルモンバランス異常によって子宮内に膿がたまります。

時に子宮が破裂穿孔し腹膜炎を引き起こすこともあります。

高齢のシーズー
ぐったりした状態で来院

超音波検査で子宮内に膿貯留および腹水が検出され、子宮破裂が疑われました。
緊急的に手術。

↓クリックすると写真は大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
DSC00193.jpg
お腹の中は膿でいっぱいでした。

↓クリックすると写真は大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
DSC00196.jpg
子宮を見てみると穿孔が見られ、濃が漏れていました(緑矢印

子宮卵巣を切除し、お腹の中を洗浄し、最後に排液チューブ(J-VACドレナージシステム)を設置して終了です。

子宮蓄膿症・・・恐ろしい病気です。
早期の避妊手術をおすすめしています!!


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 来週の院長不在のお知らせ!!  TopPage  上川さんおめでとう!! >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/795-c8f7dd5b




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad