高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


猫の小腸腺癌

高橋ペットクリニック外科ケースより

13歳齢の猫 体重減少と間欠的嘔吐

身体検査において、触診による異常は確認できませんでしたが、エコー検査にて

DR-UFUJITA_20120920_Animal-_ABDM-_S_0004.jpg

腸管の壁層構造が消失。前方と思われる腸管が拡張しており、腸の狭窄が疑われました。
この場合はだいたい小腸腺癌が疑われます。

このような状況を飼い主さんが把握され、手術をすることに・・・

↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
2_20121009185330.jpg

小腸の一部が硬くなり狭窄病変が見られました(矢印の部分)
この部分をしっかりマージンをとって切除。

↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
1_20121009185615.jpg

緑矢印の部分が腺癌になっていました。ここが狭窄していて腸の流れがわるくなり、前方の小腸は異常に拡張しています。(水色矢印

高齢の猫に時折見られる癌です。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 平成24年度日本獣医三学会(九州・宮崎)に参加します。  TopPage  高橋ペットクリニック 2012年10月のお知らせ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/710-cf81d07f




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad