高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


肺の腫瘍

高橋ペットクリニック 外科ケースより

健康診断を目的に来院した11歳齢 ラブラドールレトリバー
最近をするとのこと。

胸部レントゲン検査において
blog1_20120310084925.jpg
横向きの写真で肺に陰が・・・(矢印)

仰向けの写真でも
blog2_20120310085037.jpg

福岡中央動物病院の冨永先生にCT検査(転移や腫瘍の詳細を調べるため)を実施していただきました!!
Vol10Vol_20001_1.jpg
右の後葉で肺の根本、他に転移はなし。原発性肺腫瘍と診断。矢印が肺の腫瘍。心は心臓。

常に咳が止まらなくなってきたため、飼い主さんとの話合いの結果、手術を実施することに・・
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
blog4.jpg
右後葉の根本に大きな腫瘍が・・・

↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
blog5.jpg
超音波メスキューサーを用いて注意深く剥離します。
肺門部の腫瘍の切除はとてつもなく切除しにくいです。

長時間の大きな手術に耐えてくれました。咳は手術後からほとんどでなくなりました!!

↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
blog6.jpg
切除した肺腫瘍です。病理組織検査において、扁平上皮癌と診断されました。
これで全てが終わったわけではありません。今後は再発、転移の危険性があります。従って抗癌治療なども考慮していかねばなりません!!頑張って欲しいです!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 釣り針に注意!!  TopPage  持続的な頻尿・血尿 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/668-5715bc98




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad