高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


膀胱腫瘤

高橋ペットクリニック膀胱鏡ケースより

10歳齢 ミニチュアシュナウザー メス

膀胱腫瘤

腹部超音波検査において
2175blog.jpg
膀胱の頭側に腫瘤が確認された。(緑矢印)

膀胱鏡検査
腫瘤
膀胱の頭側に限局した腫瘤を確認。

そして生検
生検
病理組織検査では、良性の腫瘍であることが判明しました。

良性の腫瘍であることを確認したのち外科的切除を実施。
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_6508.jpg
膀胱で確認した良性腫瘍(矢印)
切除し、再度病理組織検査で良性腫瘍であることを確認しました。

膀胱鏡検査は腫瘤の状態、どのくらい波及しているか?悪性あるいは良性?、手術プランに大いに役立っています。
しかし雌であること、3kg以上の体重が必要であることなど条件があります。
まだまだ課題はあります。


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 年末年始休診のお知らせ  TopPage  九州画像診断研究会に参加 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/640-dedc4221




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad