高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


胃拡張捻転症候群(GDV)は危険

高橋ペットクリニック 外科ケースより

なんどかこのブログでも紹介したことのある胃拡張捻転症候群(GDV)です。

突然の嘔吐。ぐったりしているとのこと。
飼い主さんは胃拡張捻転症候群を知っていたので、それではないかと受診。

横向きのレントゲン写真
1853_110926_ABDOMEN_1284_lf-c671.jpg

縦のレントゲン写真
1853_110926_ABDOMEN_1285_lf-c671.jpg

胃が捻転しています。
緊急手術。

お腹を開けたら胃が大網で包まれ回転していました。
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_6210.jpg

胃の捻転を整復
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_6212.jpg

胃の色が変色していますが、まだましな方です!!
腹壁固定を実施して終了。

今回は症状が出て早急に対応したことが良かったのでしょう!
大型犬はこの病気注意です!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 中年齢の門脈体循環シャント(PSS)  TopPage  九州画像診断研究会 9月例会に参加 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/619-0fa5062a




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad