高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


ジャーキーに注意!!

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

14歳齢 シーズー
昨晩ジャーキーをあげてから苦しみ、その後から食べても吐くとのことで来院。

この展開はジャーキーの食道閉塞を疑います。

食道造影検査では
DV.jpg
食道内に造影欠損が。。。

斜位撮影でも同様に
Late.jpg

緊急内視鏡検査
ピクチャー
ジャーキーがしっかり詰まっています。
2
食道からゆっくり除去

鰐口型把持鉗子にてキャッチ。
3
ゆっくり食道内から除去。
IMG_5454.jpg
2枚重ねてあげちゃったんですねーーー
4
食道の障害はわずかです。よかったです。

ジャーキーにはくれぐれも注意してください!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< フィラリア予防を忘れずに!!  TopPage  長崎県の先生方に感謝! >>

コメント

うちもこの前、同ケースありました。
つかんでいたらぼろぼろ崩れたので、
結局は押し込みました。

食道も同レベルの損傷でした。

ほんとうに食道異物は怖いですv-19

2011.06.03   やまさき   編集

やまさき先生

コメント有り難うございます。
これももうちょっと時間たってるとボロってイメージですね!

食道異物って怖い話を飼い主さんにしなくてはいけないので、いやですねー!

2011.06.03   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/575-7c53f195




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad