高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


猫の食道狭窄症 診断編

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

猫の食道狭窄
慢性的な嘔吐などによって起こる病気です!!

食欲はあるが、食べた直後に吐出するとのことでリファーラル
X線造影検査にて・・・
kyousaku.jpg
矢印のところで狭窄しております。
kyousaku2.jpg
狭窄している前は食道の拡張が見られます!!

内視鏡検査所見です。
食道狭窄なんと食道がピンポール。
食道が重度に狭窄しています。

さあこのような場合どのようにするのか??
治療編は明日につづく!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 猫の食道狭窄 治療編パート1  TopPage  日本獣医生命科学大学九州地区同窓会(嬉野)に出席 >>

コメント

冥福

先生達皆さん、いろいろありがとうございました。先程14時にみんなに見とられて、ギントキは幸せそうに亡くなりました。4日だけの入院でしたが、ギントキは先生達にお世話してもらえて、いろんな人と出会えて、幸せだったと思います。本当にありがとうございます。

2010.12.02   井上、坂田ギントキ   編集

井上さん

そうですかー
力不足で何もできず残念です。

つらいと思いますが、飼い主さんとしては充分な看病をしていただいたと思います。

ご連絡有り難うございます。

2010.12.03   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/483-a94f0f3a




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad