高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 糞線虫  TopPage  大阪学会(動物臨床医学会年次大会)を終えて >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/479-7d68625c


猫の腸管腫瘍

高橋ペットクリニック 外科ケースより

猫の腸管腫瘍

体重減少、数ヶ月にわたる間欠的嘔吐を主訴に福岡県内動物病院よりリファーラル

エコー検査によって腸管腫瘍を疑いました。
X線造影検査では、小腸の一部で完全に通過障害を引き起こしていました。

手術所見
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_4573.jpg
長期間の腸閉塞によってピンク矢印の大腸よりも青矢印の小腸の方が太くなっています。
(通常と逆転しています)緑矢印が腫瘍です。

切除した腸管
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_4580.jpg
腸を開いてみると完全に内腔がふさがっています(緑矢印)。
これでは生活できません!!

さらに開いてみると
↓クリックすると大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_4583.jpg
病理組織検査では腸腺癌との診断でした。
なんとか頑張って欲しいです!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

<< 糞線虫  TopPage  大阪学会(動物臨床医学会年次大会)を終えて >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/479-7d68625c




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。