FC2ブログ

高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


鼻の中にカビが生える!!真菌性鼻炎

高橋ペットクリニック 鼻腔内視鏡ケースより

長崎県動物病院よりリファーラル

治療に反応しない鼻出血

鼻の中に内視鏡を入れてみると・・・・
鼻腔2

鼻の中の細かな構造(鼻甲介)は破壊され、空洞になっておりそこにカビ(真菌プラーク)が見られます。
(緑矢印)

北川3

生検鉗子を用いて、カビを採取しているところ。

診断は、アスペルギルスによる真菌性鼻炎です。

真菌性鼻炎は本来感染しにくいと言われているカビ(真菌)に感染しているため、何らかの免疫低下が起こっていると言われています。

珍しいと言われています。獣医さんでもこの所見は見たことない人が多いと思います。

治療はかなり大変です。

<< 脂肪腫という良性腫瘍  TopPage  大量の膀胱結石 >>

コメント

すごいな~!!
全く見たことも聞いたこともないです。
教科書的なことだと思っていたが、あるんですね~~。

内視鏡は凄い。

2010.07.29   結果来ず   編集

エクセレント画像です。

2010.07.30   やまさきペットクリニック   編集

結果来ずさん

コメントありがとうございます。

そのなまえということはまだ結果こないですか??

2010.07.30   高橋雅弘   編集

やまさきペットクリニックさん

コメントありがとうございます。

はっきり見えました。こんな病気にはやはりCT,MRIではなかなか診断が難しいですねー

2010.07.30   高橋雅弘   編集

今度学会でNK大のM教授を見かけたら、背後から両膝カックンか、カンチョウを見舞わしてやろうと思う。手伝ってくれる?

2010.07.31   結果来ず   編集

結果来ずさん

コメントありがとう!!

もうすぐかもよ!!

2010.08.01   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/420-9b61f3ba




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.