高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


肛門嚢破裂

高橋ペットクリニック 内科ケースより

肛門嚢破裂 Anal Sac Disorders

犬猫には肛門の4時と8時の位置に肛門嚢があります。

その肛門嚢に炎症、過剰貯留、排泄管の部分につまりが生じることによって、破裂を起こすことがあります。

こんな感じです。
IMG_3109.jpg
右の肛門嚢が破裂しています。
痛みが激しく、触ると怒る。中には食欲まで落ちてしまうこともあります。

初期症状は、肛門を床につけて歩く(おしり歩き)や異常に肛門を気にしているなどです。

この時点では、肛門嚢をしぼってもらうと良いです。

自分でできない場合は、動物病院に相談してください!!

<< すぐれものの紹介 iLuv  TopPage  高橋ペットクリニックにビックゲスト?が登場の巻 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/341-22737510




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad