高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


骨はあぶない??

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

骨は食べても大丈夫か??

こんなケースはよくあります。

胃の中にとどまっておくと、胃酸によって骨は消化されますが、時間がかかります。

ほおっておいて良いのか?と聞かれますが、正直case by caseです!

獣医師にとって大丈夫ですと言い切れない場合はよくあります。

安全性を考えるならば、腸にいってつまってしまうと、開腹手術が必要となることから胃の中にあるうちにとってしまいたいものです。

シーズー 昨日牛の骨を食べて吐いている。近医よりリファーラル

レントゲンで胃内に骨片あり
飼い主さんとの話し合いによって、内視鏡下除去を選択。
iRec00001.jpg

とがった骨がみつかり・・・
バスケット

バスケット鉗子にて先端をつかみ

食道牽引

とがった方を尾側に向けて食道内をそーおっと通過させます。
IMG_3050.jpg

取り出した骨はとがってます。
2

骨がとがっていたせいか、胃の中は傷だらけでした。

骨を食べた場合は、動物病院に相談してください!!

<< 動脈管開存症(Patent ductus arteriosus) の手術とは  TopPage  小動物臨床講習会に参加 >>

コメント

私もケースbyケースと思います。

鳥の骨は速く溶けます。
牛とか豚の骨は時間かかると思います。
骨の場所によっても変わると
10年前の雑誌で読んだことあります。

2010.03.09   山崎 裕之   編集

山崎裕之先生

コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。
今後参考にしていきます。

2010.03.10   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/333-ae239ed2




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad