高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


M.ダックスは異物が多い

高橋ペットクリニック 外科ケースより

M.ダックス

嘔吐、元気消失で来院。

腹部エコー検査では
884_20100219_Animal-_SM-_2_0007.jpg
またもや小腸内に音響陰影を伴う表面高エコー所見がみられ、異物を疑う!!

今回ちょっとおもしろい所見
緑矢印の表面エコーのすぐ下に黄色の矢印で示す。同型の高エコー所見が・・・
↓血がだめな方はクリックしないでください!!
IMG_2958.jpg
びっちり詰まっています。

取り出してみると
IMG_2961.jpg
突っ張り棒の一部らしいです。
異物に空洞がありそこのガスが黄色の矢印と判明!!
超音波は奥が深い。そこまで描出していたとは・・・・と感心

これってバリウム造影検査だと流れるのでしょうか??と疑問も持つ!

M.ダックスの異物誤飲はとっても多いです。
M.ダックスをお飼いになっている方は気をつけて!!

<< 症例検討会  TopPage  鼠径ヘルニアという病気 >>

コメント

最近当院ではトイプードルの異物誤飲が増えてきています。

2010.02.26   山崎 裕之   編集

山崎裕之先生

コメントありがとうございます。

トイプードルも増えてますかーーー
うちは圧倒的にダックスが多いですねーーー

2010.02.27   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/325-d4e2a99b




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad