高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


肛門周囲腺腫

高橋ペットクリニック 手術ケースより

肛門周囲腺腫という病気

肛門の周囲にできる良性の腫瘍です。
ほとんどが未去勢の雄に発生します!!

良性というのは転移をしないだけで、腫瘍は腫瘍なので切除が理想です。

肛門周囲腺腫は良性ですが、自壊して出血して本人も気にして舐めます。
生活に支障をきたします。

あまり大きくなると切除が広範囲になり、肛門括約筋までとらねばならなくなると、排便の際に問題がおこることもあるので、肛門にしこりが出来たら動物病院に行きましょう!!
IMG_2365.jpg

肛門の下にできた肛門周囲腺腫。一部自壊して出血しています。
大きなものだけでなく小さなしこりが数個あります。

肛門の中に白く見えるのは綿花です。手術している最中に糞便が出てこない様に栓をしています。

あとこの腫瘍は去勢手術をしておくとほぼなりません。
去勢手術は、肛門周囲腺腫の予防になるのです!!

<< 名古屋出張 報告  TopPage  異物に注意!!腸管内異物!! >>

コメント

ふにん、きょせい手術

ずいぶん前に、うちの子が先生からこの病気の説明を受けたときのこと、思い出しました。
8歳になるまで去勢してなかったこと、悔やみました。大都会では、当たり前みたいになった♂の去勢、でも、ここ小都会?ではなかなか決断できないもんですね。
K森先生のところで出されている<犬猫と暮らす楽しい生活>というパンフを最近見る機会がありました。
ふにん、きょせい手術ってかわいそうですか?という問いかけ、そしてその答えなどが、ぐっと身にしみてたところですv-63

2009.11.02   コギ吉   編集

おとこの子における去勢は、老齢になってからのいくつかの病気を予防してくれます。

メリットはかなりあると思います。

このようなことを飼い主さんたちに知らせることは非常に重要ですね!!

2009.11.02   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/258-e8ccc709




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad