高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


異物に注意!!(画鋲編)

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

画鋲(がびょう)を食べてしまったと福岡市内動物病院よりリファーラル

レントゲンにて画鋲は胃の中にあり。

でも食餌で胃の中は一杯。

この場合は見つからないケースもあります。

今回はなんとか苦労して見つかりました。
画鋲

画鋲って、ほっといてもうんちに出たことはあります。
でも必ず大丈夫とは言えません。
胃の中にあるときは内視鏡でとれます。

がびょうって画鋲って書くんですね!!ワープロだと漢字わすれますよねーー

<< 手術・麻酔処置をお受けになる飼い主様へ  TopPage  九州画像診断研究会に参加 >>

コメント

おはようございます

先生のブログを拝見させて頂いてますと
良く色んな物を飲み込むケースが多いのだなと改めて思います
画鋲って刺さって怖い気がしますが
そんな物まで飲み込むのですか・・

先日知り合いの犬が梅干の種を飲み込んだというので病院に行った所
開腹手術だったそうで縫ったあとが化膿してまた縫い直しの手術だったそうです
先生のトコへ言ってればそんな事はなかったのにと可哀想でした

2009.09.16   ちゃちゃみく   編集

ちゃちゃみくさん
コメントありがとうございます。

犬は信じられないものを食べてきます!
今までにもびっくりさせられることが多々あります。
やはり飼い主さんの環境整備が一番大事です。

手術も必要なケースもあります。出来る限り低侵襲と考えると内視鏡下はその日に帰れますし、一番ベストでしょうが・・・

2009.09.16   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/235-c54fdfe2




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad