高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


猫にもあります子宮蓄膿症

高橋ペットクリニック 手術ケースより

以前犬の子宮蓄膿症を紹介しましたが、猫にも子宮蓄膿症はあります。

犬に比べるとかなり少ないですが。

14歳齢 猫 腹部膨満を主訴に来院。

超音波検査にて、子宮に液体が貯留し腹部が膨満していることを確認。

血がダメな人はクリックしないで下さい!!
猫の子宮蓄膿症

<< 骨盤腔内腫瘍  TopPage  福岡県獣医師会小動物部会 講習会に出席 >>

コメント

確かに猫は少ないですよね。

避妊手術する人が多いのと
ホルモンバランスが犬とは違う。

と個人的には思ってます。

2009.09.10   調査員   編集

調査員さん

コメント有り難うございます。
たしかにホルモンバランスの違いでしょうねーー

ここんとこ2例立て続けに遭遇しましたので紹介しました!!v-218

2009.09.11   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/231-34230a49




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad