高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


胆嚢粘液のう腫という病気

高橋ペットクリニック 手術ケースより

黄疸で原因が胆嚢粘液のう腫とのことで近医よりリファーラル

胆嚢粘液のう腫とは胆嚢内に粘液がたまってしまう病気です。
原因ははっきりしていませんが、胆嚢の壁に問題があると思います。

たまった粘液が胆管に流れ最終的に胆管閉塞を引き起こし、黄疸として症状がでます。

比較的潜行性(進行しているけど症状がでない)なので恐ろしい病気です。

診断は血液検査と腹部エコー検査です。
こんな感じになってました。
血がダメな方はクリックしないでください!!
IMG_1452.jpg
胆嚢壁は壊死がおこり赤黒くなってます。これは胆嚢破裂寸前です。
IMG_1454.jpg
胆嚢をはがしていきますが、癒着がひどい!!
IMG_1455.jpg
胆嚢をはがしおえたところですが、上の方は壊死しているせいで赤黒くなっています。
総胆管も拡張。

気になる胆嚢の中身は・・・・
IMG_1464.jpg

こんなやつがつまってました。
普通胆嚢内は胆汁というさらさらした液体がたまっていなければならないのですが、このような粘液(ムチン)がたまるのが異常です。

<< 第17回 九州地区日本小動物獣医学会 卒後教育研修会(大分)に出席  TopPage  釣り針に注意!! >>

コメント

お疲れさまです。

随分大きいですね。

来月この手術あれば教えて下さい。

2009.06.06   調査員   編集

調査員さん

コメントありがとうございます!!

今度手術あれば声かけまっせ!!

2009.06.08   高橋雅弘   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/186-c15abf55




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad