FC2ブログ

高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


犬の胸腺腫(治療編1:内科治療)

高橋ペットクリニック 外科ケースより

前回からの続きです。

胸腺腫の治療は基本的に外科手術による摘出となりますが、このような大きな腫瘍の場合は切除もなかなか難しいと考え、なんとか小さくならないものかと考えます!!

胸腺腫は放射線療法に対して75%以上のケースで効果があると言われています。
しかし、放射線療法を受ける施設が大学病院など限られた施設しか対応出来ません。

今回は放射線療法は希望されなかったので、ステロイド療法を実施しました。
ステロイド投与2週間後の胸部X線検査所見です。↓

IM-0001-1001_2019091119195451d.jpg
かなり小さくなった感じがします。
投与前の胸部X線検査所見と比較してみましょう!!投与前のX線所見です↓
IM-0003-1003.jpg

少し小さくなったところで手術を実施します!!

次回は犬の胸腺腫 治療編2:外科的切除術です。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

動物病院・獣医ランキング

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 犬の胸腺腫(治療編2:外科治療)  TopPage  犬の胸腺腫(診断編2:精密検査 CT検査と組織生検) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/1140-97e31528




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.