FC2ブログ

高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


おもちゃの誤飲

久々の症例紹介です。

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

8歳齢 ポメラニアン 3.6kg

1週間前から嘔吐と下痢を主訴に来院。

腹部X線検査では、胃の拡張が確認されました。
113.jpg


腹部超音波検査では、拡張した胃内に音響陰影を伴う表面高エコーの所見(緑矢印)が確認され、胃内異物と診断しました。
14.jpg

16_0003.jpg

血液検査では、電解質の異常が重度に見られました。

静脈内点滴を実施後内視鏡検査を実施しました。

M_201_0000000000001694_1_001_001-1.jpg

胃の出口である幽門に異物がすっぽり詰まっていました!!
000000000001694_1_001_001-1.jpg

ポリペクトミースネアを用いて、異物を把持しようとしましたが、うまくつかむことができず、鰐口型把持鉗子に変更したところつかむことが可能で胃から除去できました!!

異物が柔らかかったことが幸いしました。

すっぽりはまっていた異物を除去した後の幽門はかなり荒れていました。
1_20171024191820a75.jpg

954.jpg

取り出し異物は飼い主に確認してもらいましたが、不明とのことでしたが、形状からするとなにかしらの玩具ではないかと思っています。

玩具はいつの間になくなっていませんか?
常に確認と環境整備には気をつけましょう!!


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php

<< 2017年11月院長不在のお知らせ  TopPage  第66回 九州地区獣医師大会(平成29年度)に参加しました!!祝・藁戸先生 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://takahashipetclinic.blog62.fc2.com/tb.php/1024-9fa3c70a




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad