高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お尻からひも状異物がでてきた症例

高橋ペットクリニック 外科ケースより

ミニピン

肛門よりひもがでてきているとのことで来院。
食欲不振と嘔吐も見られています。

6_20140430155204643.jpg

たしかに肛門よりひもがでてきています。

腹部エコー検査を行ったところ。。。
胃から小腸全域にかけて紐状異物と腸管の走行異常を確認しました。

4_20140430155037375.jpg

矢印が腸管内の紐状異物所見です。

静脈内点滴を実施して、緊急手術となりました。

まずは内視鏡検査を実施。
幽門

胃の中にある異物が胃の出口(幽門)を超えていました。(矢印)このひもがお尻まで続いていることが疑われます。

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
5_20140430155036e9c.jpg

胃から肛門までひも状異物が続いているため腸が全体的につづれていました。

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
3_20140430155039e9e.jpg

ひも状異物によって腸重積も起こっていました。

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
2_20140430155040468.jpg

最終的に胃を切開してひも状の異物を除去しました。

異物はこんな感じでした。
1_20140430155042b8f.jpg

カーペットの端ではないか??ということでした!
気をつけましょう!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php
スポンサーサイト




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。