FC2ブログ

高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


小動物臨床獣医師のための臨床総合誌 月間CAP 3月号に執筆させていただきました!


小動物臨床獣医師のための臨床総合誌 月間CAP 3月号執筆させていただきました!

IMG_5853.jpg

特集 巨大食道症の診断と管理
治療及び管理〜食事管理と合併症のコントロール〜

の部分を担当しました!

IMG_5855.jpg

このような機会を与えていただきました出版社の方々に感謝申し上げます!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


病院見学行ってきました!

こんにちは、獣医師の藁戸です。

先日、2日間お休みをいただき、埼玉県のどうぶつの総合病院に見学に行ってきました。

こちらの病院は、二次診療施設で、米国獣医麻酔専門医が在籍する麻酔科があります。

ちょっとした麻酔のテクニックを教えていただいたり、なかなか遭遇する機会のない疾患の麻酔も体験することができました。
二日間でしたが、私が見学した時は珍らしい症例が多かったようでラッキーでした。

今回の経験は当院の麻酔管理向上に還元していきます。

他の病院を見学することは刺激になりますし、面白いです。

また機会があれば別の病院にも行きたいものです。

とてもおしゃれな病院でした。197_7365c947d412bf62.jpg

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


院長不在 2019年2月16日(土)日本獣医内科学アカデミー学術大会参加の為

高橋ペットクリニックよりお知らせです。

2019年2月16日(土)院長不在です。

第15回 日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加します。

02_20190215173838373.jpg

今回は消化管内視鏡でできること2019のセッションで、治療としてできることという内容で講演させていただきます。
01_20190215173836609.jpg


内科学アカデミー のコピー

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程よろしくお願いします。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


小動物臨床総合誌 J-VET 1月号に執筆させていただきました!!

小動物臨床総合誌 J-VET 1月号に執筆させていただきました!

IMG_0052.jpg
内視鏡関連の内容です!

IMG_0054.jpg

IMG_0053.jpg


内視鏡検査
〜食道と胃の観察の基本手技〜

食道狭窄の内視鏡下処置


の2本です。

このような機会を与えていただいた、出版社および監修の先生に感謝申し上げます。

関係者の方々にお役に立てると幸いです!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


CT三次元画像解析ハンズオンセミナーに参加してきました!

獣医師篠崎です。

週末にCT三次元画像解析ハンズオンセミナーに参加してきました!

IMG_9908.jpg

そもそもCT検査とは、X線(エックス線)を利用して物体を透過したX線の量をデータとして集め、コンピュータで処理することによって、身体の内部を画像化する検査です。
レントゲン検査もCT検査と同じで、X線を使った検査方法ですが、レントゲン検査が2次元(平面)の画像であるのに対し、CT検査は3次元(立体)の画像を得ることができます。3次元の画像を得ることで、臓器の形態異常や腫瘍の形状、血管走行などより多くの情報を入に入れることができます。
これにより、腫瘍の転移状況を詳細に評価できたり、腫瘍と血管の位置関係や先天的な血管の走行異常などが可視化でき、手術計画が立てやすくなりました。 

今回のセミナーでは、CTで得られる画像をよりわかりやすくするため、2D画像を3D画像にする方法を勉強してきました!

CTで得られる画像は様々な”断面像”です。
例として、オクラのCT画像で説明してみます。
まず、輪切り(体軸断面といいます)IMG_9915のコピー
FullSizeRender 2

次に縦断面(矢状断面といいます)

IMG_9917のコピー

FullSizeRender 4

このように、本来なら包丁で切らないとわからない断面がCT検査では切ることなくわかるんです!
すごいですよね!

そして、この断面図を集約し3Dにすることで、よりわかりやすくすることが、今回のセミナーの目的です。
オクラでいうとこんな感じ…
FullSizeRender 9

実際に、肝臓に腫瘍ができてしまったわんちゃんの3D画像を作ってみました。
紫色の大きな塊が腫瘍です。
ぶろぐ_003
このように術前に血管との位置関係を確認することで、より安全な手術を行うことができます。(赤:血管)
ぶろぐ_004

CTは専門的な読影技術が必要な検査ですが、このように画像を3D化することで、誰にでもわかりやすい画像を提供できるのではと考えています。
不安な気持ちを抱える飼い主さまに、わかりやすい説明ができるよう、またワンちゃんネコちゃんにより安全な治療ができるよう活かしていきます!
何かご不明な点などありましたら、お気軽に声をかけてください!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad