高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


一年に一回健康診断を!

こんにちは(^^)
動物看護師中村です。

一年に一回のワクチン接種!
一緒に、健康診断をしませんか?

わんちゃん、ねこちゃんは人と比べると、成長のスピードがとても早いです。
そして、老化もどんどん進みます。

言葉を話せないわんちゃん、ねこちゃんは、異常があっても私たちに伝えることができません。。。

そんな状態に早く気づいてあげるために定期チェックはとても大事です!

当院では、血液検査、エコー検査、レントゲン検査などを行い、検査結果はその日に分かります。

健康診断を受けることで、病気の予防や早期発見、早期治療につながります。

健康寿命をのばして、わんちゃん、ねこちゃんと少しでも長く一緒に楽しい時間を過ごしましょう(*^^*)!!
IMG_3230.jpg

この子は、病院で飼ってる猫のチリちゃんです!
被り物して可愛い写真が撮れました*\(^o^)/*

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


私の愛犬ポチのことについて

こんにちは!
動物看護師米倉です(*Ü*)

今回私の愛犬ポチのことについて
お話します!
DSC_1759~01

ポチは今年16歳になる柴犬です🐶
去年まで年を感じないほど
元気なワンちゃんでしたが
今年の春ぐらいから
認知症の症状がでました。
特に悩まされたのが「夜鳴き」です。
ポチの場合決まった時間に起きて
鳴くと鳴きやまず私も目が覚めて
声をかけて落ち着くまでそばにいて寝たら
自分も寝てとやっていたのですが、
それが毎日続き私もですがポチも
熟睡できませんでした。
そこで先生に相談し安定剤を
飲ませることにしました。
個体差があるそうですがポチの場合
飲ませて30分くらいで眠りにつき
5時間ほどで目が覚めます。

これが自分でできる認知症チェックです
DSC_1769.jpg

ポチのように愛犬の夜鳴きに
悩んでいる方や認知症などで
お困りのことがありましたら
当院までご相談ください(^-^)


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


初めまして!

4月から新しく入りました動物看護師吉村です(*^_^*)!

6月に入り、気温も上がり梅雨の季節になりました!
梅雨から夏にかけての季節の湿気は菌が繁殖しやすくなりわんちゃん達の皮膚トラブルなどを引き起こします(>_<)
特に耳は湿気がこもりやすく普段から汚れやすい子などは要注意です⚠️
こまめに耳掃除や、シャンプーをしてよく乾かし清潔に保つようにしましょう✨

病院では耳掃除もしてますので
「お家では耳掃除をさせてくれない!」
という子もお気軽にお申し付けください(*^_^*)!


フレンチブルドックの新生児です!!
DSC05815.jpg

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


当院のワクチン接種について

初めまして。
高橋ペットクリニックの
瀬戸口です( *ˆωˆ* )

今回はワクチンについて
紹介していきたいと思います☆彡

まず初めに混合ワクチンについてです!!

わんちゃんの場合
主に自宅周辺で過ごすわんちゃんに
オススメワクチン
・5種ワクチン
・犬ジステンパー
・犬アデノウイルス2型
・犬伝染性肝炎
・犬パラインフルエンザウイルス
・犬パルボウイルス

主に他県に行ったり山などで遊んだりするわんちゃんにオススメワクチンが
8種ワクチン
5種ワクチンに加えて
・犬コロナウイルス
・犬レプトスピラ病(2種)

これらの病気が予防出来ます☆彡

ねこちゃんの場合
3種ワクチン
・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス
・猫汎白血球減少症

続いて4種ワクチンは
3種ワクチンに加えて
・猫白血病ウイルス

これらの病気が予防出来ます(=‘x‘=)

1年に1度の予防接種なので
皆さん忘れずに打ちましょーヽ(*´∀`)ノ


他にもわんちゃんには
法律で定められているワクチンがあります!!

それは
狂犬病ワクチンです!!

なぜ狂犬病ワクチンを打たなければならないかというと.........
現在日本国内には狂犬病ウイルスはありませんがお隣の中国や他の国にはまだ狂犬病ウイルスがあります!!
もし日本国内に入ってきたとしても予防をしていれば蔓延を防ぐことが出来るかもしれないので打つことが定められているんですよー( *ˆωˆ* )

こちらも1年に1度の予防接種なので
わんちゃんを飼われている飼い主さんは忘れずに打ちましょーo(*・ロ・*)o

IMG00015.jpg

この写真の子は私の愛犬です( *ˆωˆ* )
ビーグルの女の子です☆彡

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


熱中症に要注意!

こんにちは
動物看護師の崎山です

5月ももう下旬!日中は気温も高く汗ばむ季節になってきましたね💦

そして今年も暑い暑い夏がやって来ます!!

そこで今日はこれから夏にかけて気をつけたいわんちゃんたちの熱中症について少しお話ししたいと思います


熱中症は真夏に起こる症状と思っていませんか?
人にとって『少し暑い』程度の気温でも、わんちゃんたちには負担がかかっていたり、まだ暑さに順応できていないこともあって5月、6月は意外と真夏よりも熱中症になりやすいので油断禁物です



体温調節のしくみ…
わんちゃんやねこちゃんの皮膚には人のような発汗機能をもつ汗腺がないため、肉球からの発汗と舌をだしてハァハァと浅く早く呼吸し、唾液を蒸発させて熱を逃がしながら体温を下げ調節しています

そのため体温を早く下げることが難しく、暑さが苦手なのです


熱中症の主な初期症状
●よだれが多い
●ハァハァと荒い呼吸がおさまらない
●フラつき、ぼーっとしている

などがあげられますが、症状には個体差があります
重症化し、手当てが遅れるとショック状態を起こし死に至ることもあります 


予防・対策
●蒸し暑い室内、閉めきった車内での留守番を避ける
●暑い時間帯の散歩は避ける
●水分補給
●風通しをよくしたり、冷房などで温度湿度の管理をする

など高温下を避ける環境づくりが大切です


熱中症になりやすい犬種
●短頭種(シーズー、パグ、フレンチブルドッグ、ペキニーズ、ボストンテリアなど)

●大型犬
●太り気味の犬
●呼吸状態が悪い犬
●興奮しやすい犬
等も注意が必要です🐶


『熱中症かも!?』と思ったら…
●涼しいところへ連れて行き、水をかけて送風するなどしてすぐに体を冷やしましょう!!
●躊躇せずに動物病院へ連絡し早急に受診しましょう💨


熱中症の治療は時間が勝負なので、症状が軽いうちに早めの対応が必要です

重度になると全身の臓器の働きに障害を起こすので軽視、自己判断はとても危険です(>_<)


これから更に気温も上がります
私たちスタッフも気にかけて参りますが、病院の待ち時間も熱中症への注意を心がけていただきます様よろしくお願いします

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!

QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php





Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad