高橋ペットクリニック ブログ

高橋ペットクリニックからのお知らせです。臨時休診や飼い主様への情報を提供します。


蓮根の食道閉塞

高橋ペットクリニック内視鏡ケースより

元気消失、食欲不振を主訴に来院。

X線検査において食道内に異物が確認されました(矢印)。
IM-0001-1001-0001.jpg

実は2週間前に蓮根を丸呑みしてからということが判明しました。

内視鏡下食道内異物を実施しました!!
[広告] VPS


DSC04613.jpg

食道内異物の時間が経過した場合は非常に危ない命に関わる合併症を引き起こすことがありますが、今回は合併症は起こらず無事終わりました。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!



小型犬でも丸呑みしちゃう犬用玩具

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

トイプードル犬用のボールを丸呑みしたとのことで来院。

X線検査において、潰れた大きなボールが確認されました。
みかん

つかみどころのない球形の異物は4cmが限界と考えています。
今回の異物は、内視鏡下ではとれない可能性もあります!!

内視鏡下胃内異物除去をまず実施し、ダメだった場合はそのまま外科的胃切開手術を実施することにしました。

内視鏡下胃内異物除去↓
[広告] VPS


なんとかとれました!!
04694.jpg

小型犬でも玩具のボールを丸呑みするので注意しましょう!!
4695.jpg

プライバシー保護のため、目にはモザイクをかけています!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


玩具のボール 誤飲に注意!!

高橋ペットクリニック内視鏡ケースより

ボクサーが犬用玩具のボールを飲み込んで嘔吐を繰り返しているとのことで福岡市内動物病院よりリファーラル。

内視鏡下胃内異物除去を実施。

異物は大型で一つの異物鉗子では除去出来なかったため、2チャンネル内視鏡で2つの異物鉗子を用いて除去を試みました(緑矢印)。何回か噴門通過時に失敗しましたが、なんとか胃からボールを除去することができました!!
ボール ボクサー のコピー

DSC04608.jpg

これでとれなかったら、外科的処置が必要になるところです。

大型犬では、このようなボールの玩具を誤飲してくれることもあるので、注意して下さい!!

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程よろしくお願いします。

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


ムカゴが小腸閉塞を引き起こす

高橋ペットクリニック 外科ケースより

9歳齢 チワワ昨日より食欲不振で、本日4回嘔吐して来院。

腹部超音波検査において小腸内に異物を疑う所見が見られました。
音響陰影を引くものの異物の輪郭も確認できました!(超音波の減衰が弱い)

0001 のコピー

静脈内点滴を実施後、再度超音波検査を実施しましたが、同じ所見が得られたため、小腸内異物と診断して開腹手術を実施しました。

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!
4002_edited-1.jpg

小腸内に異物が見つかりました!

異物はなにか不明でしたが、飼い主さんに確認しえもらったところ、ムカゴでした。
04010.jpg

まさかムカゴが小腸内の異物になるとは・・・驚きです!!
体が小さかったことやムカゴが未調理だったのが理由だと思いました!!

ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php


おもちゃの誤飲

久々の症例紹介です。

高橋ペットクリニック 内視鏡ケースより

8歳齢 ポメラニアン 3.6kg

1週間前から嘔吐と下痢を主訴に来院。

腹部X線検査では、胃の拡張が確認されました。
113.jpg


腹部超音波検査では、拡張した胃内に音響陰影を伴う表面高エコーの所見(緑矢印)が確認され、胃内異物と診断しました。
14.jpg

16_0003.jpg

血液検査では、電解質の異常が重度に見られました。

静脈内点滴を実施後内視鏡検査を実施しました。

M_201_0000000000001694_1_001_001-1.jpg

胃の出口である幽門に異物がすっぽり詰まっていました!!
000000000001694_1_001_001-1.jpg

ポリペクトミースネアを用いて、異物を把持しようとしましたが、うまくつかむことができず、鰐口型把持鉗子に変更したところつかむことが可能で胃から除去できました!!

異物が柔らかかったことが幸いしました。

すっぽりはまっていた異物を除去した後の幽門はかなり荒れていました。
1_20171024191820a75.jpg

954.jpg

取り出し異物は飼い主に確認してもらいましたが、不明とのことでしたが、形状からするとなにかしらの玩具ではないかと思っています。

玩具はいつの間になくなっていませんか?
常に確認と環境整備には気をつけましょう!!


ランキングに参加してみました。よろしかったらボチィとお願いします!!


QRコード
あるいは
こちらからhttp://vet489.jp/takapet/mobile/index.php




Copyright ©高橋ペットクリニック ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad